AGA 治療 総額

AGA治療費の総額をまとめ【治療費を安く抑える方法】

AGA治療費の年間総額をまとめ【治療費を安く抑える方法】

AGA治療費総額【費用の相場】

AGA治療費総額【費用の相場】

AGA治療費用の総額が気になりますよね。費用総額を把握しないままAGA治療を始める訳にはいかないので、AGAクリニックに行く前に理解しておきましょう。

目次
  • 【結論】AGA治療費用の総額
  • AGA治療費用の注意点
  • AGA治療は総額を意識して自分に合った治療法を
  • AGA治療:現状維持か増毛か
  • 【総まとめ】AGA治療費用の一覧

健康な髪に育てたいなら、頭皮ケアをしっかりやることが求められます。頭皮と言いますのは、髪が太く強靭に育つための土台であり、髪に栄養分を運ぶ為の大切な部位ということになります。今注目の育毛シャンプーについては、頭皮の状態を良化し、頭髪が生えたり伸びたりということが容易になるように補助する働きをしてくれるわけです。

フィンペシアという名前の製品は、インドの中で最大の都市であるムンバイに拠点を置いているCipla社が世界に向けて販売している「プロペシア」と同じ有効成分である「フィナステリド」を含んでいるAGA治療の為の医薬品なのです。抜け毛が目立つようになったと察するのは、やっぱりシャンプーをしている時だろうと思います。

今までと比較して、確実に抜け毛が多くなったと思う場合は、できるだけ早く対策を打ちたいものです。育毛剤と申しますのは、毛を育てる(育毛)ことが本分ですから、ノコギリヤシと組み合わせる様にすれば、脱毛の原因を消滅させ、その上で育毛するという他にない薄毛対策ができるというわけです。病院やクリニックで薬をもらっていたわけですが、想像以上に支払いに窮したので、それはストップして、今はインターネット通販を活用して、ミノキシジルを含有するタブレットを買うようにしています。

育毛サプリにつきましては多種多様にラインナップされていますから、例えどれかを利用して変化が現れなかった場合でも、落胆することは全く不要だと言えます。

【結論】AGA治療費用の総額

AGA治療費用の総額

最初に結論を書きます。

私が最も安いと思うプランは、
AGAスキンクリニックで内服薬治療をした場合のAGA治療費用の総額となります。

半年の治療で34,300円、
1年間の治療で68,600円です。

AGA治療費用総額の詳細

以下少し詳細に書きます。

AGAスキンクリニックは、今ならカウンセリング、初診料、血液検査2回が無料。
ベーシックプランでフィナステリド錠1mgの「ファイザー」を使用する場合、
初回3,400円で2回目以降6,000円となっています(名古屋のみ少し高いので注意)。
4〜6か月で発毛実感率99.4%。

治療期間6か月で、
4,300+6,000×5=34,300円

1年間治療を続けることとすれば、
68,600円

ちなみに、リアップX5は、60mg入りで30日分ですが、価格は6,458円。
(Amazon、2018-8-14時点)
専門医の診察・治療が、市販薬よりも安く受けられるということです。

なお、他のAGAクリニックの費用は以下の通りです。

クリニック名 1か月の薬代
AGAスキンクリニック 3,400円(6,000円)
TOMクリニック 6,000円
ヘアメディカル 6,000円
銀座総合美容クリニック 6,500円
アゲインメディカルクリニック 4,200円(7,000円)
ゴリラクリニック 9,000円
※カッコで書いているのは2回目以降の費用

この比較表を見てもらっても、AGAスキンクリニックが1か月の薬代が最安値なのが分かると思います。
今ならカウンセリングも初診料も血液検査も無料なので、AGAスキンクリニックに行くならお早めにどうぞ。

AGA治療費用の注意点

AGA治療費用の注意点

当然ですが、AGA治療費用は、治療の内容によって変わってきます。
また、1回分の費用が少なくても通院回数が増えると治療費用の総額は上がっていきます。

つまり、治療内容と通院回数次第。
あなたの現在の髪の毛の状況と、目指す治療レベルによって変わってきます。
いくらネットで情報収集していても結論は出ないので、
専門医と相談しながら自分がどこまでやりたいかを相談して決めることになります。

思い切ってAGA専門医に相談してみてはどうでしょうか?
AGAの症状は進行していきますので、気になりだしたら専門医に早めに相談することをおすすめします。
抜け毛が進行し、治療期間が長くなるとそれだけAGA治療費の総額は増えてしまいますので。

改めて別の育毛サプリを利用すればいいのです。フィンペシアと言いますのは、AGA治療に役立つ経口用育毛薬で、プロペシアと全く一緒の効果が期待できるジェネリック薬の一種になります。

ジェネリックですから、ずいぶんお安く購入可能です。髪の毛の量をアップしたいという願望だけで、育毛サプリを一回でたくさん摂り込むことは避けるべきです。それにより体調異常を引き起こしたり、毛髪にとっても逆効果になることも考えられます。「育毛サプリのおすすめの飲み方」に関しては、認識していないとおっしゃる方も大勢いるそうです。ご覧のホームページでは、育毛に通じる育毛サプリの摂取方法に関してご紹介させていただいております。

正直言って、毎日の抜け毛の数の多い少ないよりも、抜けた毛が長いのか短いのかなど「どの様なタイプの髪が抜けたのか?」、ないしは「日頃と比べて抜け毛の数が増加したのか減ったのか?」が大事なのです。昨今の育毛剤の個人輸入というのは、インターネット経由で個人輸入代行業者に申し込むというのが、標準的なやり方になっていると言えます。専門クリニックが実施する発毛治療を受ければ、ハゲは克服できると明言することができます。

医学的根拠を踏まえた治療による発毛効果は明確にされており、多彩な治療方法が提供されています。AGA改善を目論んでフィナステリドを服用するという場合、一日毎の適正とされる量は1mgとのことです。1mgをオーバーするようなことがなければ、男性機能が本来の働きをしなくなるといった副作用は誘発されないと明言されています。フィンペシアには、発毛を妨害する成分と指摘されているDHTの生成を抑え込み、AGAが元凶となっている抜け毛を最低限に抑える作用があります。一際、生え際及び頭のてっぺんの薄毛に非常に効果が高いです。

AGA治療は総額を意識して自分に合った治療法を

AGA治療は総額を意識して自分に合った治療法を

上でも書きましたが、AGA治療費用の総額は、治療内容によって変わってきます。
自分の髪の毛の状態とどこまで改善させたいかによって治療方法も変わってきます。

内服薬

内服薬にも色々あって、プロペシア錠、サガーロ、ミノキシジルタブレット等があります。

プロペシア錠の有効成分はフィナステリド。抜け毛を防止する効果があるので、髪の毛が長期間育ち、太くハリのある髪の毛に。

サガーロの有効成分はデュタステリドで、プロペシア(フィナステリド)よりも抜け毛防止効果が高いです。

ミノキシジルタブレットは、頭皮の血行改善により、髪の毛に必要なたんぱく質等の供給が期待できます。

プロペシアとサガーロは抜け毛防止、ミノキシジルタブレットは発毛を期待するものとなります。

育毛メソセラピー

これは、発毛成分を直接頭皮に注入する治療。
費用はクリニックによって様々で、
2万円〜7万円位
のようです。

HARG療法

HARG=「Hair Re-generative Therapy」のこと。
髪の毛を再生する治療法という意味です。

1回で済む場合もあれば、何回かやる必要がある場合もあります。
(症状によります)

費用はクリニックによって違いますが、
6万円〜8万円位
のようです。

AGAだと判断を下された人が、医薬品を有効利用して治療を敢行するという場合に、最も多く処方されるのが「フィナステリド」という名の医薬品なのです。育毛サプリと呼ばれるものは多種多様にあるわけですから、仮にそれらの中のいずれかを利用して変化が現れなかったとしましても、へこむなんてことは不要です。諦めることなく他の育毛サプリを利用することにすればいいだけです。単純に「ノコギリヤシを含んだ育毛サプリ」と申しましても、諸々の種類が売りに出されています。ノコギリヤシだけが内包されたものも見かけますが、やはり入手してほしいのは亜鉛またはビタミンなども内包されたものです。

ハゲはストレスとか平常生活の他、食事内容などが主因になっているとされており、日本人の場合は、額の生え際が次第に薄くなっていく「A字ハゲ」、ないしはツムジ周辺が薄くなる「O字ハゲ」が多いようです。「育毛サプリはどのように服用すべきか?」に関しては、耳にしたことがないと話す方も稀ではないとのことです。こちらのウェブサイトでは、育毛に直結する育毛サプリの摂取方法について掲載しております。育毛サプリに充填される成分として知られているノコギリヤシの効能を事細かにご案内しています。それから、ノコギリヤシをメインの成分にした育毛剤も紹介させていただいております。

AGA治療:現状維持か増毛か

AGA治療:現状維持か増毛か

現状維持か増毛かによって、AGAの治療方法は変わり、費用も違ってきます。
上に書いたように治療法は各種ありますが、あなたの症状と改善レベルの希望を踏まえて、専門医と相談しながら治療方針を決めてください。

頭皮と言いますのは、ミラーなどに映して状態を見ることが難儀で、ここ以外の部分より状態を把握しづらいことや、頭皮ケアのやり方がわからないということから、全然何もケアしていないというのが実態のようです。AGA治療を意図してフィナステリドを摂取するという場合、1日毎の規定量は1mgとのことです。1mgを無視する飲み方をしなければ、生殖機能が正常に機能しなくなるといった副作用は誘発されないことが証明されています。育毛剤とかシャンプーを活用して、念入りに頭皮ケアを実践したとしても、体に悪い生活習慣を継続していれば、効果を望むことは不可能だと断言します。発毛剤と育毛剤の大きな違いは、ミノキシジルを含有しているかいないかです。正直言って発毛が希望なら、このミノキシジルという成分は必須なのです。

フィンペシアは個人輸入で入手することになるので、専門クリニックの医師などに相談することは困難ですが、プロペシアの方はそうした専門家の処方に従って手にすることになりますから、色んな相談もできると言えます。AGAについては、10代後半過ぎの男性に比較的見受けられる症状で、つむじ周辺から抜け落ちるタイプ、額の生え際から薄くなっていくタイプ、この両方の混合タイプなど、多種多様なタイプがあると聞いております。抜け毛で苦しんでいるのなら、とにもかくにも行動が必要です。思い悩んでいるだけでは抜け毛が減少するなんてことはないですし、薄毛が改善されることもないと言えます。抜け毛だったり薄毛のことが心配でたまらないという方に質問したいのですが、「ノコギリヤシ」という名の付いた嬉しい成分のことは知っていらっしゃいますか?ノコギリヤシと言いますのは、抜け毛や薄毛が原因で頭を抱えている人々にとても人気の高い成分なのです。自己満足で高価格の商品を使おうとも、肝になるのは髪に適合するのかということです。個々人の髪に適合する育毛シャンプーの選定法を知りたい人は、こちらを閲覧ください。

【総まとめ】AGA治療費用の総額

【総まとめ】AGA治療費用の一覧

結局のところ、あなたの症状と治療内容によって治療費用の総額は変わってきますので、
まずは、いくつかの専門医に相談し、納得のいくAGA治療をすることをおすすめします。
複数クリニックでカウンセリングを受けることで、
複数の医師の考え方・判断・治療方針が聞けるし、それらの違いから質問したいことも出てきます。

あなたが納得して治療するのが一番大事ですので、是非複数のクリニックのカウンセリングを受けてください。

以下のリンクは無料でカウンセリングを受けられるクリニックですので活用ください。

ハゲに苦しんでいるのは、30代後半過ぎの男性ばかりだと思っているかもしれないですが、相当若い男性の中にも抜け毛で頭を抱えている人がいます。あなたも耳にしたことがある「若ハゲ」と称される若年性の脱毛症を発症した人たちです。驚くなかれ毛髪のことで頭を悩ましている人は、日本全国で1200万人ほどいると想定されており、その数字自体はずっと増えているというのが実態だと指摘されています。

そういったこともあって、頭皮ケアに勤しむ人が増えてきているそうです。個人輸入を専門業者に委託すれば、病院やクリニックなどで処方してもらうのと比べても、結構安い値段で治療薬を手に入れることができるわけです。経済的な負担を軽くする為に、個人輸入をする人が多くなっているそうです。育毛シャンプーに関しましては、使用されている成分もセーフティーなものがほとんどで、薄毛とか抜け毛で頭を悩ましている人は当然の事、髪のはりが失せてきたという人にも重宝するはずです。

AGAの悪化を食い止めるのに、最も効果がある成分がフィナステリドで、これが主要成分として内包されていて、かつ日本においてたった1つ承認されているAGA治療薬がこの「プロペシア」になるのです。育毛サプリに関しましてはたくさんあるので、もしもこの中のひとつを利用して効果が現れなかったとしましても、元気を失くすなんてことは不要です。諦めることなく他の育毛サプリを利用することにすればいいだけです。